大阪の旅行前英会話講師-匠に学ぶ-「表現力と伝える力」

今回は旅行前に学んでおきたい英会話を伝える講師にインタビューしました。


大阪の旅行前英会話講師


---なぜこの仕事を選んだでしょう?


20歳の時に北海道の大学にいました。


その時に自分は何のために生きているのか?と思い始めたのがきっかけです。


今のままの人生に疑問をもって春休みにボランティアのプログラムでカンボジアに行きました。


その時の気づきが今思えば大きかったように感じます。



現地の人と接するうちに日本では日常にないことを目の当たりにします。


日本では蛇口をひねれば水がでて、親もいてごはんが当たり前にでてくる生活。


現地では小さい子が物乞いして10円を稼いで生活しており、停電もあり水も衛生的ではなく飲めない。


とてもいい環境とは言えない毎日が当たり前の状況です。



日本との大きな違い。現地の人は熱量がすごいんです。


ゴミ山でごみを拾うのが生活の一部の場所もあり、それでも現地の人は笑っている。


こうした生活を体験することで日本でも出来ることがたくさんあると気づきをもらいました。



他にも現地の大学生と交流する機会もありました。


語学を3か国話せるのが当然。