【腸もみセラピストスクール卒業生をインタビュー】:兵庫県で独立してサロンを開業された「chikura」さんにおじゃましました

大阪の腸もみ・腸活講師プロフィール

介護職員向け企業研修はこちら


講師:

今日は兵庫県尼崎市塚口町にオープンしましたこちらの

サロン「chikura」さんにお邪魔しております


今日はですねオーナーの千賀子さんとお呼びしてよろしかったですか?


スクール卒業生:

「はいお願いします」


講師:

「今日いろいろ

お話を伺いたいと思います。

この千賀子さんはですね


2021年秋に幸せ腸セラピー協会の

スクールを卒業されまして


その年の暮れ12月に

このサロンをオープンされました。

後でまたご紹介したいな

と、思うんですけれども


素敵なサロンのお部屋

こことは別のお部屋があったりとか

体に健康食品とか

洗剤とかも置いてあったりしますので


サロンに来れない方でも

楽しめるお店になっていると思います。


まず早速お聴きしていきたいんですけれども


腸もみの勉強をする前

どのようなお仕事をされていたのか?


で、そのお仕事、日々生活する中で

なんで腸もみを学ぼうと思われたのか?


ちょっとそこを伺ってよろしいでしょうか?」


スクール卒業生:

「私は西洋医学の

経理をしていまして


それと同時に

セラピストとしても

仕事をしていて


趣味では発酵食品づくりをずっとしておりまして。


その中で

西洋医学は部分を見てみるっていうところで


東洋医学でいうと全体を見るっていうことにすごい共感をしていまして


そこには発酵食品づくりっていうのに

すごくわたしは影響があって


そこの中の「腸」っていうものが

すごく大事なんですけれども


腸内環境を整える

っていうことに


すごい体が整う

っていうところに

繋がっていって


そのときに自分は

セラピストをしている

っていうところで


腸もみを

ぜひマスターしていきたいなあ


そこでも癒せる自分になりたいな


と思って(腸もみの)扉の戸を

開けさせていただきました 」


講師:

「ありがとうございます。


セラピストをされてたけども

お腹はされてなかったんですかね?


スクール卒業生:

お腹も習っていたんですけれども


でもお腹のどの部分を

よりやったらいいか?とか


その理論っていうものを

学んでいないので


リラクゼーションは

できるんですけれども


腸内環境を

整えるっていう


食からではなくて

施術として整える


っていうところにもっとフォーカスしたいなと思いまして


講師:

エステでも

お腹をこう細くしますとか


リラクゼーションでも

ちょっとお腹を撫でます

みたいなのはあるし


それはそれで大事だと思うんですけども


やっぱり発酵食品を

学ばれていたからこそ

もう一つ深い所って


スクール卒業生:

そうなんです


講師:

そこでじゃあ

「腸もみができるようになろう」


と思われて

色々学ばれる、


学ぶ場所を探されたと思うんですけども


どうやってここにたどり着いて


で、たどり着いても

やっぱ色々見ると

思うんですね。


ここ大丈夫?とかっていうのもあると思うんですけども


なんでうちに決めていただいたのか?


率直に良いですか?


スクール卒業生:

そうですね。


コロナ禍でインターネットで探したんですけれども。


オンラインで学べるところは

見つけれたんですけども


この中でも

先生と一緒に

本当の体で学べるっていうところが

ここだけだったので


ホームページとかも

お電話対応とかも

すごく親切で


ここでちょっと電話で

お話も聞かせてもらった時に


あ、ここで学んでみたいな

ってもう直感で思いました。


講師:

はいありがとうございます。


結構しっかりね。

お電話でお話しましたもんね。


スクール卒業生:

ここでやっぱり

学びたいなあっていうのを

すごくお電話でも感じました。


講師:

ありがとうございます。


私も電話であそこまで

お話した人はなかなか稀で


今ね

もうメールか説明会ってのは

だいたいズームとかでやったり


オンラインで

することもあるので


あれだけこう電話で

何を勉強されて何したいんですか?

みたいな


で、すごくあの勉強もう

既にされていたので


私も

え、何が必要なんだろう?

って最初思って


別のなんかね

勉強の講座とか紹介したんです


だと思うんですけども

しっかり腸もみができるようになりたいと


スクール卒業生:

はいそうですね。


実際の体を触って

今言われた

陰陽五行のお腹って

やっぱり"会話できる"


感情がぎゅっと詰まったところの


お腹を触るっていうのも

具体例とかを聴きながら


あの学び、

学んで自分のものにしたいなあと思ったんで


それが ピッタリでした。


講師:

ああうれしいです。


腸を揉んで

便が出るとかだけではなくて


今おっしゃったように

感情とかね


その辺がお腹で読み解けるし

ケアもできるし


直に触るって大事ですね。

はいありがとうございます。


では実際こう学ばれて

サロンオープンされたと思うんですけども


サロンオープンしてみて

スクール卒業して


じゃあいざオープンしてみて

腸もみをやったりだとか

SNSで発信をしたりとか


いろいろ活動を

されていく中で


なんかこう

見えるものが変わったりとか

こんな人と出会えるようになったとか


あ、こういう悩みを持った人が多いな!と感じるようになったとか


活動してみて

見えてきたこと

感じたことがあれば

聞いていいですか?


スクール卒業生:

やっぱり腸っていうのが


自分が知れば知るほど

触れば触るほど


キーマンだな

って思うんですね。


腸を学び

学んででも

それからまた終わることなく


知れば知るほど

「腸って深いなあ」

って思いまして


ひとりひとり

もちろんですけど

触っても違いますし


感情っていうものが

そこに見え隠れするっていうのが

すごく感じますね。


それで腸に興味が無かった人にも


実は腸が土台なんだ

っていうのが

もっと人に広めたいなと思いますし


心と体って全部一直線につながって


一直線っていうか丸く「繋がってる」っていうイメージで


もう本当に

繋がっているなあ

っていうのを


本当に皆さんにも伝えていきたいし


自分にももっと伝えたいなと思います。

<