夜に浴びる光による体内時計の時差ぼけ


睡眠リズムが崩れると仕事にも悪影響を及ぼす事はみなさんご存知のとおりです。



人間の体内時計は25時間。

人間は体内時計の24時間へ合わせるように毎日リセットしています。


リセットのための最も強い刺激は光。


体内に良い影響を与える光→午前中に浴びる光

朝目覚める前に部屋が明るくなっているのが理想的。


夜型になると日中の眠気やだるさ、頭痛など時差ぼけのような症状はありませんか?


ノルウェーの思春期の男女

7798名のデータによると


女性は特に22-23:00 の就寝時間がダントツに成績が良いという分析結果。


夜遅くまでの照明の下で電子機器をさわるなど体内時計に影響を及ぼして日中に時差ぼけを起こすようになります。


体内時計の仕組みの知識を深めて睡眠習慣の見直しを行い本来の脳や身体の力を十分に発揮できる毎日を、過ごしましょう。


休みの日の睡眠時間の誤差は2時間まで




仕事のパフォーマンスを最大限に上げる方法を考える睡眠アナライザー。




「匠に学ぶ」の匠講師はレッスンを通しこれからの時代に必要とされる能力への大事な気づきを与えてくれます😊



1人の講師との出会いがターニングポイントに☘️

講師との出会いでたくさんの気づきが世の中に溢れ、皆さんの生活が良くなるヒントがたくさん作