【歯科衛生士✖️腸セラピスト対談】意外と知らない「口」と「腸」の密接な関係

大阪の腸もみ・腸活講師プロフィール

介護職員向け企業研修はこちら

こんにちは坂本です。

大阪の腸セラピスト坂本先生のプロフィール


今日は歯科衛生士さんである

増田薫さんにお越しいただきました。

腸もみセラピスト:坂本先生

歯科衛生士の資格を持つお仕事ということですよね?

歯科衛生士:増田さん

はい。歯科衛生士は国家資格を持ったお仕事になります。

普段させていただいているお仕事としては

歯科診療補助という

皆さんがよくわかりやすく

お伝えすると看護師さんのようなイメージで

治療の補助させて頂いたりですとか

あとはわかりやすく伝えると

歯石を取ったりっていう

口腔ケアですね。

であと、

保健指導といって

されている方は

保健所などであの保健指導という形で

口腔ケアだったり

私は主に

今、一般の診療で働いているので

歯石を取ったり

クリーニングだったりですとか

皆さんに生活の指導だったりっていうのを

させていただいております。

腸もみセラピスト:坂本先生

じゃあ口の中のケアだけじゃなくて

こう対面というか

お話で生活習慣の指導を

されてるってことですか

歯科衛生士:増田さん

皆さん普段の生活っていうのは

その中で当たり前になっているので

それがお口の中にとっていいことだったり

悪いことだったりっていうのが

なかなかこういろんな情報がある中で

判断が難しいというところで

実際お聞きすると

「これいい事」と思ってやってた

っていうことが

実は歯にとっては良くなかったりとか

色々あるんです。

腸もみセラピスト:坂本先生

ちなみに一個、聞いていいですか?

歯科衛生士:増田さん

結構多いのがお酢。

「健康のために毎日お酢を飲んでます。」

いう方がいらっしゃるんですけども

お酢って歯を溶かしてしまうんですね。

でそうするとやっぱ歯が溶けてしまって

虫歯になりやすかったりですとか

溶けることで

歯が短くなってしまうですとか

かなりわかりやすく

お口の中に出るんですね。

体には良くても

歯にはよくなかったっていうのが

いろいろ他にもあったりするので


皆さん驚かれます。

腸もみセラピスト:坂本先生

驚きですね?


確かにお酢はよかれと思って

ちょっとなんかブームになってました?

歯科衛生士:増田さん

そうなんですよね。

CMでもね

毎日大匙一杯のとかっていうのが

あるぐらいなので。

皆さんそれがいいんだと思っても

割と素直にされる方は。そうなんです。

腸もみセラピスト:坂本先生

毎日飲まれてる方は気をつけてください

そんな口の中とか

健康のスペシャリストである薫さんがですね

なんで腸もみを学ぼうと思われたのか?


腸活にまず興味を持たれたと思うんですけども

腸もみ・腸活は

なんで興味を持たれたのか

聞いていいですか?

歯科衛生士:増田さん

はい。私自身の話になるんですけど


数年前に先天性の異常が見つかりまして

その時に手術だったりっていうのを

経験したんですけども

術後に味覚が変わったりとか

今まで大好きだった匂いが

嫌いになってしまったとか

とても耐えられない匂いに

感じてしまうっていう経験をして

その科学的なものが

実は危ないっていうのを

調べていく中で分かったんですね。

で、その先に腸活っていうのが出てきて


それがきっかけで

腸活・デトックスと言われるところに

たどり着くんですけども。

実際その「腸が大事」っていうことに

気付けたとしても、

それを伝える手段っていうのが

なかなかなくて。

その中で

手に職をつけたいではないですけども

そういう思いで今回、腸もみっていうところを

先生の方で学ばせていただきました。

腸もみセラピスト:坂本先生

ありがとうございます。

ご自身の経験からということですね。

実際に知識とか方法とかですね

学ばれていかがでしたか?

歯科衛生士:増田さん

あの本当に体って素直で

実際、先生に腸もみさせていただいている最中に

もうすでに腸が動くっていうのに驚きだったのと

やっぱり何かしら

人に触ってもらうっていうところで

安心感だったりとか

癒されるっていうのが

知識だけ知っいてたとしても

例えば誰かにお伝えしたとしても

やっぱり限界っていうのがあるな

って言うのを感じていたので

これは実際に自分が体験することで

「あ、こういうことなんだ」


っていうのが

より実感しやすいなあ

っていうのが分かりました。

腸もみセラピスト:坂本先生

うん。実感しますよね。

こういうのを

どういう方にお伝えして行きたいと思ってますか?

歯科衛生士:増田さん

腸の大切さってところですね 。


腸の大切さって

まず本当に年齢幅広くせていただきたいっていうのがあります。

歯科衛生士:増田さん

例えば高齢者の方で身近な方は

排便がうまくいかずに

家族で苦労されたっていうのを

身近で見てきているので

やっぱり高齢の方にも

腸のことを知ってもらう。

なかなか知る機会っていうのが無くて

下剤を使ってだったりの手段しか

知らない方が多いので

そういう方にも、

もちろん知って頂きたいんです。

思春期のお子さんもそうですし、


お母さんだったり

保護者の方が知ることで

ご自身の健康もそうですけど

お子さんの健康だったりっていうのを

守れるっていうのがいいなと思いました。

30代40代

もう本当に年齢的になく

正直は知っていただけたらなあと思っています。

腸もみセラピスト:坂本先生

はいありがとうございます。

やっぱり家族のだれかがまずね

知らないとなかなか家族間で

共有できないですよね?

歯科衛生士:増田さん

うんそうですね 。

腸もみセラピスト:坂本先生

本当そう。

お子様から年配の方まで

やっぱりこうまず知るっていうところが

一番大切だと思うんです。

今知っていただくことって

ツールってたくさんあると思うんですけども


そこにたどり着くまでの

きっかけになったりっていうのが

歯科からの面でも

その腸もみっていうところからでも

普及していけたらなと思っています。

腸もみセラピスト:坂本先生

お願いします。

とは言え、

腸もみができる人って

ほかのボディケアと比べて

私は少ないと思ってるんですけど、

何人かこう出てきてるんじゃないですか?

いろんなところで学ばれたりとか。


腸セラピストと比べたときに

歯科衛生士の資格を持ってる


知識がおありということで

そこを掛け合わせたときに

私はほかのセラピストと違って

こういう強みがあるとかありますか?

歯科衛生士:増田さん

今、口の健康が

全身の健康に繋がるっていうのは


割と今、皆さんご存知の方も

いるかと思うんですけども。

じゃあどうしたらいいのか?っていうのが

詳しくっていうのが皆さん

なかなかケアにしても

実はそのさっきと同じように

ケアは実は違うんです。

マウスウオッシュで

口の中をきれいにしたらいいんだ


っていうところにたどり着く方も

いると思うんですけど

じゃあそのマウスウオッシュが

本当にいいのか?がどういうのが

あったりするんですね。

で、あとほとんどの方に多いのが

頑張りすぎてしまって、

それが全身に

お口の中を見たら分かることもありますし

それが頭痛・肩こりっていうのがあったり


それが結局、腸だったりって

もうメンタルもすべてにつながるっていうのを

本当にまあ今あの仕事をしながら

多くの患者さんと接する中で

わかってきたことっていうのがあるので

その「両方から見れる」っていうのは

私の強みではないのかなと思っています。

腸もみセラピスト:坂本先生

食いしばりでお悩みの方、すごく多いですよね?


そういうところも口を見たら分かるんですか?

歯科衛生士:増田さん

あ、もう、ご自身でも分かります。


お口の中を見たときに

ほっぺたの内側に白いスジが入ってたり


ちょっとベロで触ると

ボコボコしてるっていう方がいるんですね。

だいたい二人に一人ぐらいの割合で

そういう方っていらっしゃって、