料理研究家-食の匠-「食は人生を作るもの」

今回は大阪で活躍する想いやりごはん料理研究家にインタビューしました。


大阪の料理研究家
大阪の料理研究家


---なぜこの仕事を選んだでしょう?


きっかけは大学生の時です、ストレスで食事ができなくなり拒食症を経験しました。


食べるのがことが怖くなり自分を自分で治すために食事の勉強を始めた事がスタートです。


しかしある程度の事が解決すると次は過食症になりました。



食事で悩む学生時代


入院こそしませんでしたが食事に対する悩みは19~23才まで続きました。


ネット・本で調べて自分を改善するところから始まり心理学を大学で勉強。


食事と心の状態が関係がある事がわかりました。


腸にも深く体と心が深くかかわっており、自分は完治していると思っていても過食でしかストレスを発散できなかったのです。


自分で治してきた経験を活かして、同じ悩みで悩まれている方や健康を意識される方にお話しできることがたくさんあります。



なぜ拒食症・過食症になるのか?


健康に意識していても表面的な情報しかみていない為に情報社会の現代では様々な情報があふれかえり、食に対する知識が偏ってしまっているのが現状です。


自分のどこかが嫌いで改善したいという深層心理を深く読み解き、食事に対する知識をつけて頂く。


自分と向き合う機会を作らないと良くならないのです。


当教室では