お片付けと人生の棚卸

匠に学ぶより「収納の匠」のブログよりこんな記事がありました。



講師プロフィールはこちら

https://www.takuminimanabu.com/tidyup


ちょっと前の話になってしまいますが...


この週末、衣替え完了しました!



そもそも、娘の成長&私の仕事着が増えたことで


わが家の収納がパンパンに...💦



(高校生→大学生の服の増え方はスゴイです💦)



夫の


『無理しないで、今だけ


ポールハンガーとか


収納グッズを増やすことにしたら?』


という一言もあり



だったら


新しくどのくらいの収納が必要になるか



不要なものを処分してから、量を見極めよう!


ついでに衣替えも♡



という気持ちで、作業スタート。



なんと途中で


夫と娘から


「晩ごはん今日は外で食べてきます〜」


のメッセージ。



超ラッキー✨



***



午後の4時くらいから始めて、9時半くらいまで


作業に没頭していたでしょうか。



結果...


『これはもう着ないな』


『気に入っているけど、傷んでる!』


という服を処分したら



収納スペースに余裕ができまして...



新しい収納グッズは不要!



という結論に達したのでした。



ついでに


春夏物は十分にあるので


しばらく買わなくても大丈夫...


という事実も明らかに💦



洋服が好きなので


ついつい見に行ってしまうのですが



まずは


あるものを大切に楽しもう


と思います。





衣替や片づけは


「家の中や仕事場・作業場周りのメンテナンス」


と講師は言われています。



衣替や片づけることで、


①掃除がしやすい


➁衣類の痛みに気づきお直しや、処分のきっかけになる。




処分が出きないのはもちろん「お気に入りのもの」だから。



お気に入りを長く大切に使うためにはメンテナンス=お手入れが必要ですよね。


お家の洋服で考えると「高級品」や「季節の家電」もの以外はお手入れの発想には至らないかもしれませんが


これが職場の道具や工具、厨房の中だとメンテナンスの必要があるかもしれません。


講師は新しいモノを獲得することだけが喜びではないですよね?という提案を受講者さんにお話されています。


自分が持っているモノを再確認することは自分を肯定すること。


反対にお家が片づかない時のモヤモヤはモノを大切にしていない


=自分のことも大切にできていない?



そこで!



匠に学ぶ事務局では自分の人生の棚卸にも通ずるものがあるのではないかと思いググってみました。