【人間関係の問題を解決する専門家】独自の研究結果から導く人間距離【人事コンサルタント】


MPの奥野と申します。


人事・採用コンサルタントとしてのプロフィール

https://www.asamin.co/hrs

 

仕事は何ですか?って言われるといつも困るんですけど、「人事のコンサルタント」です。

「人事のコンサルタントって何?」って言うと

まあ企業もそうですし個人もそうですけど、

仕事であったりとか人間関係の話が中心になりますよね。

その問題解決っていうと格好いいんですけど、

それのねお手伝いをするのが私の仕事ですと思ってください 。

世の中にあるか?っていうとねほぼないんですよ。そこまで細かくする人は。

あのよく似た仕事ってなったらあのキャリアコンサルタントっていう仕事が


今大学であるとか企業さんの中でいらっしゃいますけど、ちょっと違うんですけどね。


ニュアンス的にはそういうサポート役だと思ってもらったらいいかな?ということですね。

でね、結局なぜそれをしたかっていうとね、


もともと私は営業マンで出来のいい営業マンじゃなかったんですね。

大阪の地で営業先に行ってボロクソに怒られることばっかりで 。


なんで私はこの営業はできんのやと考えた時に

「人のことわからんな ー」と。

で、私自身が若い自分が我が強くてね

人の言うこと聞かんで

「こうせえ」言われて「はい」っていうことやったことがなかったし


でもだんだんとこうさすがにね一年経過して二年経過いると そういう訳にはいかなくって

「何とかならんかな、なんとかならんかな」で思い立ってしまって


皆さんも悩んだらどこに逃げます?まず逃げるのなんです?

私だけたんで笑いますけどね


「占いです 」

占いやってね

でそうか うん九星では私は一白水星、星座やったら蟹座なんですね

っていうことが分かって

「あーこうなんや」って分かったんですけど


それでもねあの「もう一つ納得できんな」

で、営業やってる時に今の仕事に出会いましてね、

その時初めて心理分析というツールがあるのをその時初めて勉強したんですよ。

で、それをやったときにね、


「あー五つの因子でこう分かるのか」と


それが

決めごとであるとか

優しさであるとか

論理的なものであるとか

あとは明るさ・元気さであるとか

協調性とかいうものは

「あ、この分解できるんやったらひょっとしたら面白いな」というのはとっかかりでしたかね。

これをずっとこう初めはひとり、二人

ご飯食べに行ってもそのお店の大将とかね

飲みに行ったら飲み屋のお姉ちゃんとかね

色々とデータを採らせてもらいました。

行動データの分析をやってくると

「同じ仕事しててもこれだけ価値感が違うんや」


この人が多いんだっていうのはわかったんですね 。

営業でも「あーこんだけタイプが分かれるんやな」

それをグラフにしてましたから波形っていうの出ますんでね 。

あー営業マンも一緒って思ったら違うんだ 。


「何が違うんかな?」って思って

ある会社に同行させてもらってね

ずっとその人たちを観察させてもらったんです

まる1年延べ人数6000人くらいですかね 。

その時に行き着いたのが今の原型です。


それがHRS(ヒューマンリレーションシステム)の原型です

そこからスタートします。


それでもこの個人個人のデータばっかりですから、なんとか分類しないかんなって分けだした時に ちょうどのサッカーのねワールドカップやってたんですね。

「そうか!」とおもいながら じゃあそこで


オフェンスじゃあ

ディフェンスじゃーってやってるから


まず決まったんが「オフェンス」なんです 。

で「ディフェンス」でこれで二つ決まったんです。

でまあ 調整型でこういう波形やからって「バランス」

これで三つ決まりました。


もういっこなんですね。

これはなかなか決まらなくて。


苦肉の策で

うーんこういう人のタイプの特徴がストレスに強かったな

ちょっと思い出したのがね「織田信長」だったんですね。


でこれ何でもこう日本でも最初にチャレンジした人だから

チャレンジかー「チャレンジマスター 」

まあたわいもないことで決めてそれを使えるようになりました。


そうすると何とはなしにその全体像が見えて来たんですね。

で会社であるとか個人であるとかチームであるとか

でその次何したかっていうと


この組み合わせやったら

業績が

上がるのか

下がるのか

止まってるんか

業績が予算に対していけるかどうか

と、いうことをまた追っかけたんですね。


そうすると先ほど言った

オフェンスであるとかCH(チャレンジマスター)とこっていうのは数字が上がってくるんですね。

で、バランス、ディフェンスのところが

数字が下がりはしませんけど 横ばい状態でも確実に数字を上げてくれる

ということはそれ組み合わせたら?と思ってやってると

やっぱり全体的に予算であるとか

年間の予算であるとか

あの営業マンが育つであるとか見てると


やっぱりそのバランスのいい人事配置になってるんですね。

あ、それだったらその比率を出そう と思っていたときに

今度はその差別化するのに

これだけではだめだってわかってきて

もっと精度を上げるにはどうしたらいいか

これが時間かかりましたね 。

初めのやつはタイプを落とすの1年でしたけど

詳細作るのにの5年かかりました 。

で今は、「我の強さ」っていうのが出るんですけど

これを導き出すに7年かかりましたね。

まあそれができてからちょっと楽になって、

今はもうそれでその人間距離っていうか

リーダー決めてても

部下の距離もそれですぐ出るようになりましたし

全部そうだ基盤になって

だから 私の場合はそういう実務を通してそれをデータ化した 。

ちょうどそのデータ作った時に「見える化」っていうのは世の中にで始めた時だったんで、

じゃあ「人事の見える化をやってます」っていうのを一番最初に話した記憶がありますね。

だから私は別によく「人の事が分かってますね?」って言われますけど


私はデータしか見てませんので

あの占い師でも何でもありません

データを読むことが私の仕事で

どこを強化して行くのか?

どこを改善していくか?

っていうのかっていうことをご指導させてもらいます。

よく勘違いされる人は

「社長は分析しませんよね?」っておっしゃる方いらっしゃいますけれど

私は社長がデータとらなかったらあの「絶対お手伝いしませんよ」って必ず言います

なんでかっていうと社長がやっぱり物事の根幹ですので

やっぱり社長の多様な会社にしてあげたいなと思いますから。

後はそれをどう活かすのか?っていうのを考える私の仕事。

どういう人をと採用するのかっていうのが私の仕事。

ですから私の人の好き嫌いで採用しませんし

あのあたしの好き嫌いで異動させたりもしません。

その人が嫌であっても

こうやってこうやってねだったらあなたの特徴が活かせますからね

と言う最後お話してその仕事についてもらう というのが

今最初に言いました人事コンサルタントしての

私の一番大きなメインの仕事はそこです

ということですかね


言いたいことってねたぁくさんあるんですけど今日はほんの一部だけやりました。


もう少し詳しいこと知りたいなと思う人は概要欄ですかそこ見てね申し込んでみてくださいね。


そこでまたお会いしたいと思いますし、また次回はね違う話します。


どういう話がまだ考えていません。次回どんな話をするか楽しみにあのうまたアクセスしてくださいどうもありがとうございました。またね。ありがとう。


 

1人の講師との出会いがターニングポイントに☘️


関西で体験教室開催中🌱


マンツーマン指導・専門家へのお問い合わせは【匠に学ぶ】迄📩

 


■簡易相談 
¥3,000 / 30分(オンライン) 

■HRS特性別診断&カウンセリング相談 
(学生・就活) ¥5,000 / 60分
(社会人・転職)¥20,000 / 90分
(婚活・夫婦・家族)¥20,000 / 90分

※営業・チームビルディング・人事担当者育成研修・法人向け組織分析は別途お問い合わせください。

※お問合せフォームに「候補日」「参加人数」「ご希望の時間帯」「ご希望のエリア」を入力し送信ください。  

※ご希望のエリアにお応えできない場合がございます。  
※ご不明な場合はお問い合わせ窓口まで 
お電話  06-7164-1168 か 
お問合せフォームから 


■お申し込みはこちら


お申し込みフォームに「候補日」「参加人数」「ご希望の時間帯」「ご希望のエリア」を入力し送信ください。

https://pro.form-mailer.jp/fms/c46a606e178719


※出張指導、個別講座、企業研修のお問合せはご相談ください。


※受講料は銀行振込またはクレジット決済の場合はPayPal決済を選択してください。 当社より予約内容確認メールが送信されます。 ​


※キャンセルは1週間以内は半額、当日は全額頂戴いたします。


※銀行振込の場合、申しご予約までの流れ込み日を含めて3日以内(土日祝日除く)にお振込みください。


■人事・採用のお悩みにお問い合わせはこちら

https://www.asamin.co/diagnose


人事・採用コンサルティングを学ぶ企業研修のお問い合わせはこちら


※ご不明な場合はお問い合わせ窓口まで


お電話 06-7164-1168 


お問合せフォーム

https://www.asamin.co/contact


----------


専門家から学ぶ習い事・お稽古・研修サイト


「匠に学ぶ」運営事務局


TEL&FAX 06-7164-1168

URL https://www.takuminimanabu.com/

E-MAIL support@takuminimanabu.com


produced by 株式会社ASAMIN

https://www.asamin.co/


---------


特集記事