【商標権・特許を事業化】アイデアをビジネスに変える専門家【知財事業・弁理士】

みなさんこんにちは 

知財事業の専門家 弁理士の山本です。

知的財産を事業化する専門家


知財事業の専門家という

ちょっと変わった肩書なんですけれども


知財事業の専門家

「知財」の専門家じゃなくて

「知財事業」の専門家と名乗っています


弁理士というのは

まあ一般的に知財の専門家とされているんですけれども

それを事業化する

知財を事業化するところに力点を置いた職業だと

私は思って活動しています


知財というのは特許や商標と呼ばれるような

まあいわゆる特許庁に申請することで

権利が発生するものなんですけれども

そういった特許権や商標権を

活用して使ってですね

どのように事業化していくのか

これを私の方は専門としております


知財を事業化するというときに

私が特に意識しているのが

この「守りの特許」「攻めの特許」と言う考え方です


この「守りの特許」「攻めの特許」というのは

私がオリジナルではなくてですね


元キャノンのマルシマ先生という弁理士ですね

キャノンの専務までなられた方なんですけれども


その方が提唱しているものに

この「守りの特許」「攻めの特許」と言うものがあります


で、ほとんどの場合

ほとんどの場合が

世の中の特許っていうのは

「守りの特許」です


ええと日本の企業で

大手企業が98%

特許出願をしています


その98%のもうほぼ

ほぼ100%が「守りの特許」

として使われていると


で例外的に

「攻めの特許」というのが

いくつかあります

と言うような現状になっています


「守りの特許」というのは

イメージでして頂ければいいのは

あのまあ大手の企業さんが特許を取って

その特許を使うことで

「ほかの人に真似されない」

まあこういう使いかたを

守りの特許と呼んでいます


ええまあ

自分自社の技術を守る

という意味ですね


一方攻めの特許というのは特許を使って攻めていく


まあ先ほどの私の

知財事業の専門家で言うところの

事業化するための特許

これを「攻めの特許」と私の方で定義しています


要は自社で技術を守るんじゃなくて

この特許を使って

新しい事業を起こしてくださいと

そういう活動を私の方はさせていただいています


で「攻めの特許」の具体例なんですけれども


ええとここにこういう写真があります


この商品ですね

見ていただければ

分かるかと思うんですけれども


まあ卵パックですよね。


卵を十個ぐらい入ってると思うんですけれども

この卵パックにも特許がとられています


でどんな特許かというとですね


この卵パック普通スーパーなんかで見ると

ここに普通の卵

って書いてあると思うんですけれども


このラベルが大きく貼ってあるもので

スーパーでよく見かけると思うんですね


そういったスーパーでよく見かける

卵パックなんですけれども


このどこが特許かというと

卵パックの中に

ラベルが中に入っている

っていう特許です


ええなんか

そのままやん

という感じだと思うんですけれども


そんなそのままなものでも

うまくすると特許になるわけですね


でどちらかというと

そのままが特許になる方が

ものとしては

特許としては

怖い場合が多いです


そのままで誰でも使いたいと思うところに

特許があって使えない

と いう状態を作ることができるからです。


この卵パックの特許なんですけれども

ちょっとこう小さく書かれているんですが

普通のたまごという右上にですね

赤い文字で「全農」と書かれています。


この全農さんが

卵パックに卵を詰めて売っていると


でこの権利、特許を持っている権利が

全農さんだったら守りの特許ですね

自社の製品を守るための特許なんですけども


この特許を持っているのは

実はこの卵パックに卵を詰める機械

を、作っている企業さんですね。


京都にある中小企業の

今200人弱ぐらいまあ中企業ですかね

なんですけれども


そこが

「卵パック」に「卵を詰める」機械

を作っているのに


卵パックに詰める機械を売るために

卵パックの特許を取ると


ちょっとややこしい話なんですけれども

でもその先ほども言いました

こんなんで特許になるの?

っていうぐらいの特許が取れてるんで


全農さんも

この折りたたみ入りの卵パックを作るためには

その機械の会社にライセンスと言って

特許をかしてくださいね

と言うことを言わなきゃいけないんですねで


で特許を作る機械の方は

もちろん「ライセンス貸しますよ」って 言うんですね


でその時にええまあこれ

「守りの特許」だったら

「いいやっちゃダメです」

って言うんですけれども


「どうぞどうぞライセンスしますよ」

で代わりにうちの機械買ってね


いうような形ができるわけですね


これが「知財を使って事業を作る」の一例になると思っています


まあこういった形で特許を取って

それを守るためじゃなくて事業を起こすために、


機械を買ってもらうために使うとか

そういった使いかたが「攻めの特許」と言うところで


まあこの卵パックの特許も

私、実は非常に詳しくてですね

実はその卵のパックに卵を詰める機械の会社に

独立する前に勤めていまして


でさらに言うとこのたまごパックの特許発明は

発明者のうちまあ複数人いるんですけど

一人は私です


と言うことで

自分の特許の宣伝をさせてもらったんですけれども


ええぜひこの卵パック見かけたら

購入してくださいよろしくお願いします


いかがでしたでしょうか?

ええこの動画ではこういった形で

知的財産特許商標についての解説をしながら

それをどうやって事業化して行くかと言う方法を説明して行きます


詳しくは概要欄の方をご覧頂ければと思います。


それでは本日はこれで終わりにしたいと思います。

またよろしくお願いします。


——————————————————

【特許・商標権の事業化するお悩み】について

知財の事業化の専門家が寄り添った解説をします!


こちらの専門家へのご質問は お気軽にDM📩ください!


——————————————————

関西で教室開催中


■講座について📲

・知財を事業に変える講座 ¥22,000/ 90分


・弁理士としての情報を伝えるだけではなく、知財事業としてアイデアからビジネスに変える方法などを知財事業専門家として抗議します。


・お申し込み

https://www.takuminimanabu.com/patent


■運営

関西で専門家から学べる習い事

講師マッチング予約プラットフォーム

専門家から学べる習い事「匠に学ぶ」

https://www.takuminimanabu.com


——————————————————

1日、1時間から気軽に習える習い事・お稽古・研修講師の役に立つ情報を発信


■他の関連動画は🔎

YouTube「匠チャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UCRerq3i6vQZ0wneDLeZDQ9g


——————————————————

1人の講師との出会いがターニングポイントに☘️

関西で「専門家」から学べる習い事・講師をご紹介する「匠に学ぶ」


何を学ぶかも大事ですが誰から習うかはもっと大事!


どうせ習うならプロから!


1日、1時間から気軽に習える習い事・お稽古・研修講師など様々な業界の専門家をご紹介。


勉強が楽しいと思える人を増やしたい会社

業界別の専門家から学ぶ

専門的な講師の研修は


produced by (株)ASAMIN


——————————————————


#弁理士 #商標権 #攻めの特許 #守りの特許 #発明#企業研修 #研修 #講座 #認定講師 #セミナー講師

#マンツーマン #習い事京橋 #習い事大阪 #知財 #知的財産 #売り込み #思いつかない #権利化 #権利

#ビジネスモデル

特集記事
最新記事