ダーニング教室は大阪(関西)でニーズはあるのか?良いところは?ユニバーサルデザインとは?【ソーイング教室講師のコラム】

兵庫県を中心にソーイング・裁縫・ミシン教室を展開する濱崎講師にお話しを伺いました。洋服を作る専門家として幅広いお話が詰まっています。


大阪川西池田・伊丹・宝塚でソーイング・洋裁・ミシン教室講師をされている濱崎講師にお話を伺いました。



匠に学ぶ事務局(以下:記者)


本日も宜しくお願いします!


大阪・堺筋本町のソーイング・洋裁・ミシン教室講師:濱崎先生(以下:講師)


宜しくお願いします!


記者:

地方の伝統的な生地とのコラボはいかがでしょうか?


最近は西脇市に行ったり奄美物産店に行ったら大島紬とかすごく綺麗でした。


ソーイング教室講師:

生徒さんからのリクエストはよくありましたね。着物としては着ないから。

軽くて暖かい コートやジャケットにしてたらいいっていうのはよくされるんですけど

なかなか若い人が着れるものではなく、なんて言うのかな、重厚感があるのでご年配の方がお似合いになります。


ニュースで見たのですがファストファッションの墓場と呼ばれるチリの砂漠が”あるそうですね。


世界中で不要になった服が毎年3万9000トン運び込まれていて砂漠にバーって無造作に服が捨てられて何万着っていうレベルじゃないくらい破棄されてました。


それが問題になっててファストファッションの墓場と言われているそうですね。

航空業界と海運業界を合わせたよりも多くのエネルギーを消費していて消費者が服を買う量は増え続けているそうです。

服の生産量は15年間で2倍に増えていて、


服は生物分解が不可能で、それが今問題になってて 天然素材じゃないじゃないもの。


合成繊維や化学処理された衣類は分解に約200年かかるそうですね。廃棄されたタイヤやプラスチックと同じくらい有害だそうです。