ダーニング教室は大阪(関西)でニーズはあるのか?良いところは?ユニバーサルデザインとは?【ソーイング教室講師のコラム】

兵庫県を中心にソーイング・裁縫・ミシン教室を展開する濱崎講師にお話しを伺いました。洋服を作る専門家として幅広いお話が詰まっています。


大阪川西池田・伊丹・宝塚でソーイング・洋裁・ミシン教室講師をされている濱崎講師にお話を伺いました。



匠に学ぶ事務局(以下:記者)


本日も宜しくお願いします!


大阪・堺筋本町のソーイング・洋裁・ミシン教室講師:濱崎先生(以下:講師)


宜しくお願いします!


記者:

地方の伝統的な生地とのコラボはいかがでしょうか?


最近は西脇市に行ったり奄美物産店に行ったら大島紬とかすごく綺麗でした。


ソーイング教室講師:

生徒さんからのリクエストはよくありましたね。

着物としては着ないから。

軽くて暖かいコートや

ジャケットにしたらいい

っていうのはよくされるんですけど

なかなか若い人が

着れるものではなく、


なんて言うのかな、

重厚感があるので

ご年配の方がお似合いになります。


ニュースで見たのですが

ファストファッションの墓場

と、呼ばれるチリの砂漠があるそうですね。


世界中で不要になった服が

毎年3万9000トン運び込まれていて


砂漠にバーって

無造作に服が捨てられて

何万着っていうレベルじゃ

ないくらい破棄されてました。


それが問題になってて

ファストファッションの墓場

と言われているそうですね。

航空業界と海運業界を

合わせたよりも

多くのエネルギーを消費していて


消費者が服を買う量は

増え続けているそうです。

服の生産量は

15年間で2倍に増えていて、


服は生物分解が不可能で、

それが今問題になってて

天然素材じゃないじゃないもの。


合成繊維や

化学処理された衣類は

分解に約200年かかるそうですね。


廃棄されたタイヤや

プラスチックと同じくらい

有害だそうです。

ダーニングってご存知ですか?


先週友達と会った時に

例えばニットとか

例えば靴下なんですけど


ニットのセーターとか

普通にシャツとか何でもなんですけど

こんなふうに

糸ですくっていくんですね。

発祥がイギリス?

例えばこのダーニングに限らず

手工芸というのはいろんな方法があるんですよ。

ダーニング、すごい可愛いと思いません?

これ虫食いがあったからなのかな。

野口ひかるさんって

有名なデザイナーの方なんですが

こうやって1着の服を蘇らせる。


投棄された衣類が

ゴミにしかならないけれども 、

捨てる前に例えば

手持ちのもので

今までだったら捨てたり

処分だったりしてたようなものを

再利用だから

サイズを広げることも

デザインを変化させることも含めて


こういうものに注目するような活動、

ワークショップであったり

教室であったりというのが


これからもっと

注目されている気がします。

今までだったらね

ブランド物 DCとかって言ってましたが


何年か前から

ファストファッションが

主流になってるじゃないですか


日本人で持ってる

いろんなものが


日本人の持っている

大事なものが削られてる

っていうのがあって

それと同時に

もっと重要なことが

やっぱり想像力っていうのが


あまりにデザインの

サイクルが早いために

売れるモノづくりに発している。

でも 多分そういうことの

変換期っていうのは


コロナを初めに

この2,3年で

起こってきてるんじゃないかな 。


私なんかも今ね、

服が欲しく無くなってきたんです。


なぜってクローゼットに満杯なんですよ。

かといって着るほど

ワクワクするかというと

そこはまた違うんですね。

やっぱり時代の流れもあるから

クローゼットにあるものを

処分する気にはならないけど


流行という部分では

自分が見飽きてしまっている

っていうところがあるので、


これに限らず

いろんな手工芸の方法があって

自分の服を蘇らせる。

今流行りのゆったりサイズに広げて

デザインアレンジするっていうことを

楽しみながらできたら、


すっごいそれは

ワークショップとしても

広がったりするんじゃないのかな?

って思ってます。

靴下もそうですが

例えば私が住んでるとこは

大阪でも北部の方で寒いので


レッグウォーマーとか

腕につけるのあるじゃないですか?

オフィスで自分だけの

オリジナルのものがあったら

めっちゃ可愛いくないですか?


ニットの帽子ひとつとっても

そうだと思うんです。


ユニクロとか

無印とか安いものを買って

それにちょっと手を加えることで、


自分らしい

唯一無無二のものができる

っていうような


ワークショップとか

教室が楽しいのかなと思います。

それだったらダーニング以外にも

小学生からお年寄りまで


手法を変えるだけで

洋裁ワークショップ

たくさんの種類ができるんですね。


その手法の1つが

ダーニングであったり

フェルトにブシブシ刺していくだけで


簡単に

模様ができたりとかするので

手法的にはいっぱいあると思うんですよ。

もっと簡単に

出来るものもあるので

羊毛を特殊な針にさすだけなので


小さい子供でも

問題なくできますし、

続けれるんじゃないかなと思います。


時間をかけて可愛らしく、

孫が着たいと思うようにに

プレゼントできるように直すとか 。

物を大切にする

そして 唯一のものに仕上げる

っていうのは


今からの時代の習い事として

趣味として楽しいかなと思います。


リクエストいただければ全然講座は作れます

布の靴でも

キャンパス地も

無印で買って

ペインティングしたりとか、


その上を糸で縫ったりして行くとか

だけでも全然違うと思うので 。

私の友達は

ダーニングというのにすごく惹かれて


その時は東京しか教室がなくて

このコロナ禍で

中止になってしまったから

受けれなくなってという話だったんです。


別に新しい服は欲しいと思わないけど

クローゼットは満杯

って言ったときに

この間その話を聞いて自分でやってみたんです。


すごく気に入ってる

スカートが虫食いしてたんです。


今まででしたら

ポンと捨ててたんですけど

素材が少し変わってて

そのフェルトを羊毛バート直したりとか

もう一つエピソードがありまして


カッターシャツの襟

内側がどうしても汚れるじゃないですか?


そこが気になるじゃないですか?

そこの部分にミシンで

カットレースをバーッと叩きつけたりとか 、


私の知ってる男性のかたは

全然ミシンも

何もされたことないんですが、

ご自身が若い時に BANにいらっしゃったんです。


全盛期に

ハマトラとかニュートラというのが

流行った時期なんですが、


BANという

ブランドが全盛期を迎えた

ブランド言うと


オックスフォードとか

今で言うとバーバリーとかそういう感じのかな。

そんなイメージのブランドなんですが、

そこにいらっしゃった方が


男の人で

ミシンを触ったことがないのに


中の襟だけを外して

表裏ひっくり返して

捨てるのではなく

もう一度着ていらっしゃっいました。

昔の洋服だから

お仕立てとかなんですね。

それが 大襟と

身ごろをひっくり返して

もう一度縫い付けて

着てるっていうのが凄いなって。


アイビールックとかが

流行った時代です。

気に入ったものを

ずっと着てるっていう方は

今でもたくさんいらっしゃるでしょう。


全然現代でも

違和感がないファッションなんですが


正統派の形で

爆発的にこの時代で

出てきはしましたけど

ずっとその延長上にあるという感じですね。

ファッションってね、

私が昔習ったのは


汚いファッション ぼろロックとか

真っ黒しかないブラックなんとかという

ポッと流行りはするけど

期間が短い。


でも人が美しいと感じるもの

バランスの良いものは

長く続くっていうのがあって。

昔から正しいと言われている

正統派的なもの、

そのものに1味加えるというような

無いものから

何かを作ると言うか、


あるものとあるものを

組み合わせたりすることによって


新しいことを生み出す

っていうのがあるので、


そういう

「自分だけのもの」

っていう キーワードと


「気に入ったものを蘇らせる」


みたいな ところが強く出るような それを体験できる ダーニングは

関東でも人気なわけですが


もちろん関西でも

人気が出てくるんじゃ無いでしょうか?


手法の話でいけば

日本の昔の刺し子もそうでしょう? 昔、野良着で穴があいたりとか

生地や木綿が薄くなったりする部分に


生地を当てて

独立してこういう柄を出す

っていう

もともとこれの

発祥というのは補修なんですよ 。

こういう風な形で

生地を当てて

そこを補強したりとか


その塗り方が

いろいろありますよ

っていうような形なので

なんかそういうのが

全体でいいねと

言われる風になっていけばいいですね。


これからの時代は

「手芸」っていう

言葉だけじゃないと思うんですよね。

こういう手法に対して

使う言葉がこれのいいところと言うのは、


子どもの教育とすれば

想像力を促すとてもいい勉強になると思います。

ご年配の方も

新しく物を考えるんじゃなくて

あるものにプラスという発想で

頭を使うと


今まで使ってないようなところが

神経伝達にもなると思うんです。


脳の仕組みというのは

本当にいろんな部分で

年代によって

刺激しているものが違うと思うので

さっき言った

デザインのサイクルが早いと、

想像力っていうのが

私の中では削られていく気がするんです。


あるもので何かすることのそういう努力


どんなんだったらいいな?

どんなものにしたい?

どんな色に仕上げたい?


という想像力は

目に見えない

将来の効果が高いと思うのです。


想像力っていう力は

本当に人類を助けると思います。

科学でも何でも。


記者: 昔の人っていうのは

0から1を生み出してきたものを

今の世代に残している


っていうのは

昔の人の方が

相当クリエイティブじゃないかな?

って思うんですね。


ソーイング教室講師: 自分で服を作っている人間ながら、

自分の服が1着蘇ったのが