③大阪・本町を中心に活躍するキックボクシング・エクササイズトレーナー:講師インタビュー

■キックボクシング・エクササイズ講師プロフィール

大阪・堺筋本町でパーソナルトレーナーとしてキックボクシングエクササイズ講師をされている水本講師にお話を伺いました。

<< 最初から読む


/ / 3


記者:

キックボクシングエクササイズのレッスンを通してそれぞれ目的があると思うのですが

どんな方が受講されてますか?

講師:

今でもキックボクシングのパーソナルトレーニングの方は経営者の方が多いですね。

人間って特に男性は内に秘めた

野生的なところが絶対あるんですが、


解放しないと器の中に溜まっていく。


溢れた時に犯罪を起こしたりとか

家庭内で暴れたり。

静かな人ほど

「こんな事件を起こす人じゃなかったのに」

っていうのは、


外に出せずにやっぱり溜め込みすぎて、


自分が発信したいものを

溜め込みすぎて爆発するんだと思うんですが、

外に出すことが大事だと思うんですね。


なかなかそれはできないので

キックボクシングエクササイズや、

トレーニングで発散する。

直接的にキックボクシングなら殴れますので、


僕がミット構えて、

「ここに打ち込んでください」と言って


それで発散して業績が上がったという

経営者の方もいらっしゃいます。

普段ストレス溜め込んでいるものを吐き出して、


言いたいことあるんやったら言え

と言われても出せない人が

日本人の方は多いじゃないですか?


内向的な人間が多いので

行動に出せと言われても


「いやーちょっと僕は」とか

いうふうに一歩引いてしまって、 溜めて溜めて精神病になってしまったり

リタイアしたり悪いことに走ってしまったりとか

キックボクシングだけじゃなくて

発散できてたらいいんですが。


仕事で家との往復だけで

「趣味とかないんです」

という方が多いじゃないですか?


そういうのは危ないですね。


それを上司や部下、周りの人間に向けてしまったり、


セクハラパワハラも原因の一つだと思っています。


キックボクシングエクササイズは

発散をすること体動かすことで

勝手にストレッチになります。

人間の体って形状記憶のゴムと一緒で

伸び縮みさせてあげないといけないんです。


ずっと縮んだまんまだったら硬くなるし

伸ばしたままっていうのはないので

基本的に縮んだままっていうのが多いです。


縮んだままで硬くなって

肩こり・腰痛・血行不良というのがあるので、

伸ばしてあげる。


キックボクシングのパンチとキックで

自然と伸びるので手を伸ばして足を上げて、

肩こり腰痛は治りやすくなります。

あと筋肉の中に血管があるので

運動したら血管も伸び縮みしますよね。


すると血行が良くなって思考力が高まります。


みんな仕事で座りっぱなしなので

脳に血液が回ってないんですよ。

脳に血液が回らないってことは

脳の栄養素である糖が行き届いてない

ので思考力が鈍ります。

それを定期的に体が動くことで

思考力が上がります。


記者

昼休憩にはミット打ちした方がいいですね!


講師:

めちゃいいですよ。

ずっとすわりっぱなしなので、

定期的に立ち上がって運動をすると

ミット打ちすれば眠気も冷めますし。

記者:

体操しましょうって言うと

ラジオ体操がイメージしちゃうので

若い人なら尚更取り組みやすいですね?

キックボクシングやって

サンドバッグ叩いてから

仕事に着くと面白いですよね。


講師:

サンドバックは結構難しかったりするんですよ。


意外と硬いので、最初はミットで

正しい打ち方、蹴り方 正しい動き方


トレーニングの方法というのをを知っていただいてから効率的に。


そのほうが怪我しづらいですから。

記者:

女性の方にはどんな効果が見込めますか?


講師:

ダイエットに一攫千金はないんですよね。

継続的に体を変化させなければいけなくて。

人間の体って7割が水分でできているので、

1ヶ月で何も食べないダイエットとか、

同じものだけ食べるダイエットをして、

体重が落ちたとかあるじゃないですか?


あれはただ単に水分が減っているだけなんですね。

結局、体の中の脂質と筋肉量はあまり変化してないんですね。

逆に筋肉量は減っている時もあります。

それやめた後にリバウンドが来たり、

表面的な体重っていうものに一喜一憂せずに

惑わされないようにしないといけない。

正しい知識を知らずに中途半端なファスティングは怖いです。

ファスティングはすごくいいんですが、

飢餓状態ですごく免疫力も上がりますし。

胃を休めるのが大事なので免疫力が上がります。


運動力と集中力が上がりますし。


ファスティングはやっても1週間をお勧めします。


最低1日からでもできますが

ダイエットではなくデトックスなんですね。


体の毒素を出して胃を休めて、

免疫力を高める。


ファスティングはダイエットの準備をするのに適していると思います。

あれだけで痩せるものではありませんので。


記者:

ダイエットにも準備がいるんですね?

講師:

そうですね。

今の日本の人は油・脂質を取りすぎなんですね。


食べ物でも良くないものってたくさんあるんですが、


植物性油脂はプラスチックやロウと一緒で

体に取り入れると、


体の中がロウで固められるのと一緒で

毒素が外に出なくなって痩せづらくなります。

ファスティングをすることによって

毒素を体から排出することができて、

植物性油脂を出すことによって

体が痩せやすくなります。

添加物まみれの食品が増えていて、

海外の数倍多い添加物が使われているので

自分の体に入れるものは剪定したほうがいいですね。


その上でダイエットすると効果が非常にいいと思います。


記者:

キックボクシングエクササイズや食事の指導で

どれくらいの期間で効果が得られますか?


講師:

ダイエットするための基礎を学びながら

キックボクシングで運動していくので

最低3ヶ月ですね。


3ヶ月でトレーニングの基礎であったりとか

食事の基礎であったりとか

習慣を身につける。


ダイエットは3ヶ月で終わりと考える方も多いんですが、


同じ生活スタイルで、

同じ食事を繰り返すと、

同じことをしてるのでリバウンドになっちゃいますね。


この3ヶ月はあくまで入口ですね。

講師:

なぜ空手からキックボクシングに移ることになったんですか?

空手を高校三年間やって

より実践的なものがしたいと思いまして。


空手は極真やってたんですが

顔面打撃なしで蹴りは顔面ありで。

何かあったときに

もっと身を守れるようにと思って

キックボクシングをやり始めました。

その後に陸上自衛隊に行って

より実践的なものをということで

最近は総合格闘技をはじめました。


男として強さとして興味が湧くじゃないですか?


単純にそれをやっているって感じです。


記者:

体の方も鍛えられていると思うんですが、


心と体は表裏一体ということもよく聞くのですが、


精神面でキックボクシングを通して良い面はありますか?


やっぱり自信がつきますよ。

武術をやることによって、

腰に刀を刺している状態というか。


何かあったらいつでも刀を抜けるという心構えだけで十分だと思います。

心構え・ゆとりが持てると思います。

ほんとに何かあった時は1撃あてて逃げるのが一番ですけどね(笑)

心にゆとりを持って自信が持てるのは

武術をやる上ではすごくいいと思います。

記者:

精神面で心がけてることはありますか?


後えばマインドフルネスや

毎朝、習慣にしていることとか。

講師:

夜にお風呂あがりにストレッチをしているのですが瞑想に似ていると思います。


ストレッチしながら瞑想をする。


心が落ち着きますので、

頭の中を空っぽにして無の状態になりながら。


筋肉は年齢とともに固まっていって

歳とともに人の体は酸化していくので、

錆びてくるんですね。


伸ばして伸ばして柔軟な体を維持していかないと体がカチカチになって来ますから。

筋肉は温めると伸びやすいので、

そのときにゆっくり伸ばしながら

頭の中を空っぽにしながら瞑想状態になる。


女性には特に良いと思います。


女性に筋肉つきにくいのでキックボクシング、

ダンスはすごくいいんですよ。

キックボクシングはエネルギー消費率が高いので、


水泳とかランニングとかテニスは

1時間のエネルギー消費率が300kcalなんですがキックボクシングは500kcalなんです。


テニスは怪我のリスクが高くて

ストップアンドGOなんで

膝・腰・肘に負担がかかるのと、


水泳の時の水温は体温より低いので、

脂肪が取れにくく、


水泳だけやっててもスタイルに変化が出にくいんですね。


水泳選手は泳ぐ以外にめちゃくちゃ筋トレしてるので。


マラソン・ランニングは膝・腰・足の関節を痛めやすいですね。


ずっと反復動作で地面を蹴りますので

同じ箇所に負担がかかります。

キックボクシングは全身運動なので

いろんな怪我のリスクが低いんです。


女性は血行不良が多いんですが

キックボクシングは改善されますよ。


あとはミット打つことによって筋肉の収縮が入るので筋肉量が落ちにくくなります。

よっぽど努力しないとムキムキにはならないですからね(笑)

女性に「肩とか腕に筋肉つきやすいんですよ」と言われるんですが


そこばっかりを使ってしまってるんですね。

体幹部首からおへそのあたりをどう使うかで人間の体の使い方が変わってきます。


腕とか足とか使うので

付け根である肩関節が張ったりとか、

太ももがパンパンになったりとかします。

それで腰を痛めます。

そういうのは今の現代人が退化してしまっている部分でもありますし、