【お料理・飲食関係にオススメ書道】手作りのお品書きを綺麗に書く3つのポイント



今回は飲食店のお品書きを美しく書く方法について3つのポイントをお話しさせていただきたいと思います。


1つ目が書体の決め方です。

2つ目が字形の決め方。

3つ目が飲食店のコンセプトを表現するということです。


1つ目の書体の決め方っていうのは篆書、隷書、楷書、草書、行書、かなっていうものがあるんですけど、


もっともっと古く遡ると甲骨文字って言って亀の甲羅とか、牛の肩甲骨に彫られたような文字があったんですけど、


その飲食店にどれが向いてるかなっていうかをまず探すっていうのところなんですよね。


この書体はあの全部書けるようになっているとすごくバリエーションが増えるので、


是非これはお稽古で一緒に見つけていきたいなと思います。


これが1個目の書体の決め方でした。


2つ目の字形の決め方っていうことなんですけど、


やっぱりその飲食店様によって、

短冊タイプのものだったりとか

コピー用紙タイプ

画用紙タイプのものもあるんですよね。


余白が多い方がいいのか、

少ない方がいいのか、


それぞれの紙に合わせて字形を調整していくことが必要であります。


これが美しく見せるためのポイントで2つ目になります。


3つ目は店主様との打ち合わせっていうことなんですけど、


まあこれ私がお勧めしているのがまずはその書かせていただく料理を食べるって言うことなんですよ。


よく私はお品書きの仕事させていただく時にそれまでに何回かお伺いして食べた時のインスピレーションっていうのを自分自身でこう汲み取って、


店主様がどういう想いで料理を作られているかっていうのを全部表現されたいニーズを聞き取ります。


そうすることによって例えば表現のときに柔らかく書くとか、例えばラーメンだったらちょっと濃いスープだったら濃く太く書くとか、あっさりしたようなイメージだったらさらっと書くとか、中太のつけ麺だったらちょっとキリっとした印象にかくとか、


まあラーメンばっかになっちゃったんですけど、まあそういう風に


・店主様の想い

・食べた時の感想


それを全て文字に組み込むことが綺麗に書くのに大事なことだと思います。


それでは実際に手元の方で書かせていただきたいと思います。



私が本日、京橋でいただいためちゃくちゃ美味しかった和食のランチセットですね。


それのメニュー書きという程で書かせていただきたいと思います。


和風のテイストを出すためにあまり中国書法のテイストを出せすぎないようにして

和様の書道で書かせていただきます。


私は今、中国書法研究しているんですけど、もともとはですね平安時代のかなと

和様の書道が専門でございました。


あんまりくるくるした手遣いを使わずに スッキリとさっぱりとさらさらしたような 印象で書かせていただきたいというふうに思います。


今回使用させていただいているのはぺんてる筆ペン中字でございます。


なぜこの筆ペンを使っているかというとやはり光沢が美しく出るからですよね。


いろんな筆ペンがありますやっぱりあの細い線を出して光沢も出したい。


書き終わりの線を強調したいというふうになればぺんてる筆ペンの中心を用いるのは私はお勧めさせていただいています。


本当に美味しかったので思い出して書きますね。


綺麗に見せるために余白も必要なんですけど食べたときの食感とかですね、


店主様の想いまであの想いまで出すことができたら最高ですよね。


私の大好きな唐揚げが入っていました。


この唐揚げはちょっとだけ中国書道のテイストを入れます。


力強いイメージできたいので六朝楷書というって中国の北魏時代のですね楷書ですね。


よくあのパソコンでもフォントがあると思うんですけど、力強い書き方っていうのとやっぱり誰でも読めるっていうのが必要なので、あまり崩しすぎないのが大切になります。


それからですね宝船のようなものにお刺身が乗ってたんですよ。和様がなで周りを柔らかく書いて、刺すっていう字ですよね。つなげ文字を強調させます。


あんまり繋ぎすぎると何て書いているか見えにくいので、今回は動画でエンターテイメントを楽しんでいただくために、


全体のまとまりというものよりどちらかというと、一文字ずつの書き方のパターンですね。


それをご紹介させていただくために統一感より字形を書体を重要視させていただきます。


私の大好きなサーモンですね。すごいとろとろでした。それからタイも入ってましたよね。


居酒屋さんの書き方だとこう繋ぎ文字のものとかが多いですよね。


それからマグロ。ひらがなバージョンでも行きますね。


本日の品とかだと結構つなぎ文字で早い字間に書くのが大事です。


それからですね。ご飯はふっくらした本当に美味しかったです。ご飯とそれからですねドリンクが飲み放題だったんですよ。


ちょっと初めてお伺いしたお店でめちゃくちゃ美味しくて、ドリンク。私は今回ほうじ茶とコーヒーをいただいたのでちょっと思い出して書かせていただきます。


ほうじ茶はですね。ちょっと私がペットボトルの代字をさせていただいたことがあるので、


著作権の問題でちょっとこれ完全にオリジナルでそれとかぶらない書体にさせていただきますね。


えっと値段が980円なんでしたっけ。980円で。この書き方なんですけどちょっと解説用にここ使わせて頂きます。


数字の書き方は12345。斜め軸で統一する書き方と縦軸で統一する書き方っていうものがあります。これはどちらにするかはお品書きのご依頼主様とご相談させていただきます。


それから円という書き方もですね。ここに余白を付けるか付けないかですよね。これもお店様のコンセプトイメージに合わせて書き分けて書いていただくのが大切になります。


こういう感じで書体と字形とお店様の想い、自分が食べた時のイメージも全部踏まえてここにぶち込むのがお品書き・メニュー書きの書き方のコツになります。


いかがでしたでしょうか?今回は美味しいサーモンと大好きな唐揚げの美味しい魅力を発散したようなメニュー書きにさせていただきました。


このようなメニュー書きにご興味を持ってくださった方は書道教室のお稽古で、すべての書体を1枚の半紙で上達できる特別な教材がありますのでぜひURLから書道教室の方へお申し込みいただけたら嬉しいなあという思いでいます。

———————————————————


1人の講師との出会いがターニングポイントに☘️


関西で体験教室開催中

お問い合わせは【匠に学ぶ】迄📩


■オンライン美文字書道講座


⚪︎日時:予約制

⚪︎場所:オンライン 

⚪︎ 料金:¥2,000/60分


※入会金無しその都度払い制。


※WiFi環境をご確認の上、ZOOM,Google Meetで受講頂けます。


0分 ログイン

5分 自己紹介・ヒアリング

50分 講座

5分 振り返り



■京橋書道Cafe 目指せ美文字!京橋の大人の書道教室「名前の練習+選べる自由課題!」

⚪︎日時:

毎月第二、第四 水曜日 

18:00-20:00の間のいつでも


⚪︎場所:京橋テラス お稽古cafe

大阪市都島区東野田1-3-12 


⚪︎料金:¥2,000/60分


※入会金無しその都度払い制。

※別途カフェ代


※その他教室 心斎橋・奈良・京都・神戸教室はお問い合わせください。



■家庭教師コース


⚪︎日時:予約制 ご希望日を候補3日お知らせください


⚪︎場所:大阪・神戸市内は交通費無料(京都・奈良・和歌山市内対応)


⚪︎料金:¥5,000/ 60分/1名様


※お友達同士3名以上のグループレッスンの場合(¥4,000/1人)



しっかり書道・習字を練習したい方向け(中級)


⚪︎場所/大阪・神戸市内は交通費無料

(京都・奈良・和歌山市内対応可)


⚪︎料金:¥5,000/ 60分/1回


お友達同士でお申込みお申込み頂けます。


※3名以上のグループレッスンの場合、¥4,000/1人


※入会金無し、その都度払い制。大阪市内は交通費無料



■講師を目指す方向け書道教室(対面・オンライン)


¥50,000/ 60分/10回講座


書道・習字を副業として練習したい方向け


※事前決済。分割のお支払いはご相談ください。


■美文字・書道の継続教室(対面・オンライン)


¥10,000/ 月額(月4回)/1人


※京橋・難波・淀川教室・オンラインで受講頂けます。


※LINEでのご質問やサポート、書道コミュニティ、イベント、個展などにもご参加頂けるようになります。



■ご予約までの流れ

下記の予約URLから「候補日」「参加人数」「ご希望の時間帯」「ご希望のエリア」を入力し送信下さい。


またはTEL:06-7164-1168よりご予約ください。


書道講師ページ

https://www.takuminimanabu.com/shodou


■ご予約

https://pro.form-mailer.jp/fms/c46a606e178719



※当社より予約内容確認メールが送信されます。


※受講料は銀行振込またはPayPal決済を選択してください。


※当社より予約内容確認メールが送信されます。 ​


※キャンセルは1週間以内は半額、当日は全額頂戴いたします。


※銀行振込の場合、申しご予約までの流れ込み日を含めて3日以内(土日祝日除く)にお振込みください。



企業研修・専門家のお問い合わせはこちら

https://www.asamin.co/


----------

専門家から学ぶ習い事予約プラットフォーム

「匠に学ぶ」運営事務局

TEL&FAX 06-7164-1168

URL https://www.takuminimanabu.com/

E-MAIL support@takuminimanabu.com


produced by 株式会社ASAMIN

https://www.asamin.co/

----------




#書道

#書き初め

#毛筆

#硬筆

#ペン習字


#企業研修 #研修 #講師 #インストラクター #認定講師 #セミナー講師 #マンツーマン #習い事京橋 #習い事大阪#習い事 #お稽古 #書道の先生 #書道ガール #書道女子 #書道部 #書道好きな人と繋がりたい

#オンライン